身近に水素のある暮らし

水素ガス吸入機の使い方

※写真は、MHG-2000αを使用しております。

事前にご用意頂くもの

◆ 精製水または蒸留水

(以下、精製水といいます)
本体に500ml1本が付いています。
※浄水したお水は精製水ではありませんので、使用しないでください。

◆ 鼻カニューラ(カニューレ)

(以下、カニューラといいます)
本体に2本付いています。

変形・変色した場合は、新しいものと交換してください。(目安1~2ヶ月)

◆ 冷却した水道水

(以下、冷却水といいます)
冷却ポットの水位線(青線)から2~3cm下の所まで、水道水を入れ、冷蔵庫などで冷却してください。冷却水が温まると、カニューラの結露の原因となります。65分以上運転する場合は、氷を入れてご使用ください。

図. 冷却ポットのセット方法

 

水素ガス吸入機の使い方

※詳しくは、同梱の取扱説明書をご参照ください。

機体背面の排気口を塞ぐと、カニューレの結露や機体故障の原因となります。壁等から少し離した位置に設置してご使用頂けますようお願いいたします。

1.電源プラグをコンセントへ接続します。

本製品は日本国内向け製品です。海外で使用される際は、必ず変圧器をご使用ください。

2.冷却ポットに、カニューラを取り付けます。

差し込み具合は、コネクタ形状によって変わります。

3.冷却ポットを本体にセットします。

冷却ポット差込口の赤いゴムが見えなくなるまでしっかり差し込んでください。正しくセットされないと、水素が漏れる可能性があります。

4.天面のフタを開け、精製水タンクに精製水を入れます。

故障の原因となりますので、精製水以外は使用しないでください。浄水したお水、ミネラルウォーター、水道水などを入れますと不純物が機内に入るため、エラー停止もしくは故障してしまいます。必ず精製水を使用するようにしてください。

タンク内は、清潔な状態を保ち、手などで触らないようご注意ください。

ペットの毛、埃、汗、指の脂なども不純物として検知され、動作しなくなりますので、精製水を入れる時以外はフタを閉めてご利用ください。

一度排水した精製水の再利用はおやめください。

※精密機器なので、微量の不純物にも反応します。ご注意ください。

精製水は、上限水位線付近まで入れてからご使用ください。

空焚きをしますと電解槽を痛めますので、精製水タンクにまだ水が残っている状態で精製水を補充してください。

毎回C2エラーが表示されてから、精製水を補充されますと故障の原因となります。

5.カニューラを装着します。

頬にチューブ跡を残さないために、落ちない程度にゆるめにセットすることをお勧めします。

カニューラは消耗品です。変色・変形した場合は、新しいものと交換してください。

(1~2ヶ月を目途に交換されることをお勧め致します)

6.「POWER」ボタンを押して、電源を入れます。
7.「UP」「DOWN」ボタンで、吸入時間をセットします。

タイマーは、5~90分(5分単位)で設定できます。

8.「START/STOP」ボタンを押して、スタートします。

途中で止めたい場合は、「START/STOP」ボタンで一時停止・再開します。

9.水素吸入をお楽しみください。

 

10.終了すると、ブザーでお知らせします。

連続使用する場合は、冷却ポット内の水を冷たいものに交換してください。

11.「POWER」ボタンを押して、電源を切ります。

本体内部の冷却用ファンが約10分程動いて自動的に止まります。

冷却用ファンが止まるまで電源プラグをコンセントから抜かないでください。ファンが止まる前に電源が切れると故障の原因となることがあります 。

12.カニューラを外します。

カニューラは清潔な場所に保管してください。

チューブ内に結露や水滴がついた場合は、冷却ポットに氷を入れ3~5分程度運転させると水滴が取れます。カニューラ鼻先から水滴が排出されますので、鼻先にティッシュ等を置いて運転させてください。

  13.本体から冷却ポットを外し、中の水を捨てます。

精製水の一部は冷却ポットへ移行しますので、冷却ポット内の水道水は、吸入ごとに排水・交換を行ってください。

  注)数日間使用しない場合は、精製水を排水してください。

排水した精製水は再利用できませんので、ご注意ください。

※詳しくは、同梱の取扱説明書をご参照ください。

担当より折り返しご連絡いたします! TEL 03-6450-4145 TEL受付時間:10:00~18:00

PAGETOP
Copyright © すいすい水素(恵比寿) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.